断食ダイエットでは断食期間の前後に準備期間・回復期間用の食事をとることも大切

断食でダイエットをしようと考えるなら、食事についてしっかり理解しておかなければいけません。
近年ファスティングと呼ばれているようなプチ断食でのダイエット効果を得るためにも、正しい方法での断食ダイエットを心がけたいところです。

断食のときは当然ですが食事を制限します。この食事を制限する期間はプランによって違いますが、食べる量を減らすことによって内臓機関を休めたり体重を減らしたり、という点は同じです。
この食事制限の期間は、最近の断食ダイエットでは、基本的に酵素ドリンクをとることによって過ごします。この酵素ドリンクですが、ベルタ酵素や優光泉といった商品が特に人気があります。
断食期間は酵素ドリンクを飲んですごすわけですが、この食事制限を行う断食期間の前には準備期間というものをとり、断食期間の終了後には回復期間というものをとります。
準備期間は、これから断食をするための準備を行うためのもので、食事量を少しづつ減らしたり負担の少ないものに変更したりします。回復期間も似たようなもので、断食期間から普通の食生活に戻すために、消化に負担のかからない優しい食事から徐々に内臓を慣らしていく回復食をとっていきます。

断食ダイエットは人気のある方法なので、チャレンジするひとも多く情報も出回っていますが、断食期間の前後の食事まで気を使わないと、リバウンドしてしまったり、最悪の場合は健康面に悪影響が出てしまうことも考えられます。
また、断食がどうしても耐えられないほど苦痛に感じられる場合は、無理して食事制限を続けることは危険です。食事量を急激に減らすことは難しいので、はじめは朝食だけ置き換えるなど断食に慣れていくことからはじめましょう。

コメントを残す