断食のダイエット効果をアップさせるためには正しい方法で続けることが大事

断食でのダイエット効果をアップさせるには、何よりもやり方が大事です。
いくら断食がダイエットに対していい結果をもたらすという口コミが多いとしても、それは食事を抜くことによって体重が減っているだけかもしれないのです。
つまり、断食をやめたとたんに、せっかく痩せたと思っていた体重が元の数字までリバウンドしてしまうことがあるんです。

ダイエット方法として、断食という選択をすること自体は間違っておらず、正しい方法で数日間つづけることができれば、口コミにあるような痩せる効果を感じることはできます。
そのコツは、断食によるカロリーや脂肪の摂取量の制限だけではなく、栄養もしっかりと補うことです。

断食ダイエットは、昨今ではファスティングという呼び名で知られるようになってきた人気のダイエット方法です。
食事を半日や1日、2日、3日など、一定の期間制限するだけのシンプルなダイエット方法ですが、一時的に痩せたとしても長期にわたって維持し続けるのは難しいという口コミも多いのです。

ファスティングの成功のコツは、さきほど栄養もしっかり補うことと述べました。
その栄養を摂取する方法として、酵素ドリンクを使うことがポイントです。
酵素ドリンクというのは断食ダイエットをする際の栄養補給を手軽に行える発酵飲料のことです。
食事のかわりに酵素ドリンクを摂ることで栄養失調を防ぎ、空腹も防ぐことができるので、ファスティングダイエットする時には酵素ドリンクを飲むことをおすすめします。

断食ダイエット(ファスティング)で使われる酵素ドリンクって一体なに?

さきほども書いた通り、断食ダイエットでは酵素ドリンクを使うことがおすすめです。実際にいろんな雑誌で「酵素ドリンクでファスティングダイエット」といったページがあったり、商品の紹介があったりします。
そもそも、この酵素ドリンクって一体なんなのでしょう?

酵素ドリンクがなんなのかという話の前に、そもそも酵素というものは一体なんなのかについてお話します。
酵素というのは、人間の体内において、食物の栄養素の分解や代謝にかかわっている重要なタンパク質のことです。

酵素について考えるときに知っておきたい酵素栄養学という学説について

この酵素ですが、「酵素栄養学」という考え方で解説されている文献やウェブサイトが色々あります。
この「酵素栄養学」という学説を提唱したエドワード・ハウエル博士によると、一生で使われる総量には上限があるとされており、酵素を使いすぎないようにすることが健康の秘訣とされています。
酵素には潜在酵素と食物酵素があり、この潜在酵素という分類内には消化酵素と代謝酵素が属している、といった分け方です。
消化酵素は、その名のとおり摂取した食物を消化する時につかわれる酵素で、代謝酵素は自然治癒力や免疫力を高める働きを担う酵素という位置付けで語られています。
食物酵素については、食品に含まれる酵素とされています。

酵素栄養学は、この食物酵素を豊富に含んだ食品を摂取することにより、潜在酵素である消化酵素の消費量を抑えることができるという考え方の学説です。
シンプルな論法なこともあってか、断食ダイエットに関するブログなどを読むと、酵素栄養学が非常に支持されていることがわかります。
それどころか、かなり大手の企業が発信している情報でも、この酵素栄養学は絶対の地位を確立している理論かのごとく記載されています。
しかし、これは現代の分子生物学の見地から言うと、誤った考え方です。
「酵素を摂取することは身体にいいことらしい」と、世の中の酵素に関する情報を盲目的に信用せず、正しく付き合いましょう。

酵素ドリンクは断食ダイエットの強い味方となる発酵飲料

酵素栄養学は現代の科学から見て誤っているからといって、酵素ドリンクの摂取に意味がないわけではありません。
むしろ、酵素ドリンクの摂取は断食ダイエットを効果あるものとして成功させたい時には、ぜひ摂ることをおすすめするものです。
酵素ドリンクには酵素が入っているというより、体内の酵素が増えるために必要なものが入っている、というのが正しいです。
酵素ドリンクを摂取しながら断食ダイエットを行うことによって、体内で重要な働きをもつ酵素の働きを下げずにダイエットに取り組めるため、酵素ドリンクには価値があるのです。